読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばあちゃんのレシピノート_by iche

母が書きとめた祖母のレシピ。懐かしい味、驚きの味。

蓮根の団子汁

孫はなぜだか「団子汁」系列が好きだ。

 

鶏団子、鰯のつみれ、すいとん、自然薯、ニョッキ、ダンプリング・・・あれ笑?

 

そんな傾向のもとになったのがこれかも。

レンコンの団子汁。

 

祖母は金沢育ちだったので、レンコン料理が得意で、よくこの団子汁を作ってもらった。

 

外側は透明感があってとろっと、中はムチッとして。

やっぱり団子汁が好き笑。

 

ただ、金沢の小坂レンコンじゃないせいなのか、今の東京の市販のレンコンは、ばあちゃんの時より水分が多いので、ギュッと絞って、片栗粉も多めにしないと団子が完全崩壊に。絞り汁も全部味噌汁に入れるとドロドロになるので、勿体無いケド入れないか、チョットだけ。

 

チョット難しい料理になりました笑。

 

 

f:id:iche:20161008113348j:image

〜蓮根の団子汁ーおばあちゃんのレシピノートより〜

蓮根は細い所でも良い。皮をむいたら10分位水にさらしておく。

水から上げて、おろし金でおろし、軽く少し水分が残るように絞り、でた汁は、別にとっておき、後でだし汁に加える。(※孫の一言。今の蓮根は水分が多すぎるので、ギュッと絞ること。また、絞り汁も全部入れると汁がドロドロになってしまうので、入れないか、少しだけ入れる)

しぼった蓮根に片栗粉を適宜入れ、小さめの平たい団子を作り、真ん中を少しくぼませておく。

鍋にだし汁を入れ沸騰したら中火にし、団子を端の方から静かに入れる。団子が浮いてきたら味噌、塩を入れ、団子が透き通る様な色になったら火を止める。椀に団子を盛り、貝割れ菜をあしらい熱い汁を張る。

<補足>

材料(2人分)

レンコン 120グラムくらい

片栗粉 大さじ2〜レンコンの水分による

出汁 適量

味噌 適量